「 投稿者アーカイブ:divafes 」 一覧

「2191人の無給医」より驚いたこと

2019/07/11   -未分類

無給医報道で薬師寺氏が驚いたのは、医療行為を提供しているにもかかわらず、これまでも、これからも給与を払われる予定のない人が3594人いるということでした。 Source: 一般情報 「2191人の無給 ...

内臓脂肪、エストラジオール、認知機能の関係

2019/07/11   -未分類

 内臓脂肪の蓄積が促進する炎症は、加齢に伴う認知機能の低下を促進しているという研究が報告されました。女性ではエストラジオール値が高いと、負の効果を軽減されるようです。 Source: 一般情報 内臓脂 ...

“泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり

2019/07/11   -未分類

古くて新しい疾患概念「A型胃炎」が最近、消化器内科領域で注目されています。泥沼ピロリ除菌の裏に潜んでいたり、胃癌ABC検診のD群の25%にいたとの報告も……。何だか変なその萎縮性胃炎、実はA型胃炎かも ...

7月号特集は「フォローアップ事始め」

2019/07/10   -未分類

日経DI7月号プレミアム版特集は「フォローアップ事始め」です。誰に、どのような方法でフォローアップすればいいのか、基本的な考え方とともに、フォローアップの“達人”の事例を紹介しました。 Source: ...

「地域連携薬局」の機能は薬局同士の連携も想定

2019/07/10   -未分類

 7月6日、都内で日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)設立20周年記念「JACDS薬剤師フォーラム」が開かれ、厚生労働省医薬・生活衛生局長の宮本真司氏(7月9日付で辞職)が登壇。医薬品医療機器 ...

分割調剤、このままなら一向に広がらない

2019/07/10   -未分類

ポリファーマシーや長期処方の問題は、中医協でも話題になっています。今後の議論に注目です。 Source: 一般情報 分割調剤、このままなら一向に広がらない

次回受診までに薬剤師が介入する効果は?

2019/07/10   -未分類

次回受診までの間に薬局薬剤師が電話などで患者にコンタクトする効果を検討する研究「PIIS」の最終報告会が開かれました。 Source: 一般情報 次回受診までに薬剤師が介入する効果は?

心筋灌流MRI検査は侵襲的なFFR測定に劣らない

2019/07/10   -未分類

 ガドリニウム造影剤を用いた心筋灌流MRI検査を目安にして安定狭心症患者の血行再建術を行っても、侵襲的なFFR検査による管理に劣らないという研究が報告されました。 Source: 一般情報 心筋灌流M ...

蚊の季節、重症型デングと国内感染の脅威が迫る

2019/07/10   -未分類

感染症の専門家が参加するメーリングリストで、気になる情報がもたらされた。インドネシアで、デング熱患者が急増しているという。同国は、日本の輸入感染例の推定感染地として、常に上位に名前が挙がる国の1つだ。 ...

下肢静脈瘤の血管内焼灼術ガイドライン発表

2019/07/10   -未分類

 「下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術のガイドライン2019」が、第39回日本静脈学会総会(会期:7月4~5日、開催地:名古屋)で発表された。この領域では、レーザーによる血管内焼灼術(ETA)への保険適用 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.