「未分類」 一覧

進行固形癌に経口BET阻害薬BI 894999が有用な可能性【EORTC-NCI-AACR2018】

2018/11/16   -未分類

 進行固形癌に経口BET阻害薬BI 894999が有用である可能性が明らかとなった。フェーズ1試験の用量漸増コホートで、推奨投与方法と用量が決められ、一部の患者で抗腫瘍効果が確認された。成11月13日 ...

免疫調節薬Pixatimodとニボルマブの併用が進行固形癌に有用である可能性【EORTC-NCI-AACR2018】

2018/11/16   -未分類

 免疫調節薬であるPixatimod(PG545)と抗PD-1抗体ニボルマブの併用が、進行固形癌に有用である可能性が明らかとなった。ニボルマブとPixatimodの併用を評価したフェーズ1b試験の予備 ...

前立腺癌

2018/11/16   -未分類

「症例に学ぶ腹部エコー診断のポイント」を全面改訂、内容を一新し、2008年に発売した日経メディカル・ビデオ「腹部エコー診療の実際」から会員限定で収録動画を公開します。 Source: 一般情報 前立腺 ...

再発・難治性の進行NSCLCにA2ARアンタゴニストNIR178と抗PD-1抗体spartalizumabの併用が有用な可能性【EORTC-NCI-AACR2018】

2018/11/16   -未分類

 再発・難治性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、アデノシン2A受容体(A2AR)アンタゴニストであるNIR178 (PBF-509) と抗PD-1抗体spartalizumabの併用が有用であ ...

75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき

2018/11/16   -未分類

冠動脈疾患の既往がない後期高齢者でも、LDLコレステロールが高ければ薬物介入をより積極的に考慮すべきことを示すエビデンスが、我が国から発信されました。 Source: 一般情報 75歳以上でもLDL- ...

医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ

2018/11/16   -未分類

最初の4回は研修をする上での心構えが紹介され、後半戦では少しメッセージ性のある内容になってきています。前回のあっちゃん(水野篤先生)の記事では自分の信じる道をガムシャラに進むのも1つのやり方であるとい ...

高齢者は「毎日の入浴」で要介護を防げる

2018/11/16   -未分類

1万4千人の高齢者を3年間追跡した結果、浴槽入浴する頻度が週7回以上の高齢者の要介護認定リスクは浴槽入浴頻度が週2回の高齢者より約3割有意に低いことがわかりました。 Source: 一般情報 高齢者は ...

デュルバルマブとtremelimumabの併用療法、デュルバルマブの単剤療法は進行NSCLCのOSを有意に延長せず

2018/11/16   -未分類

 米AstraZeneca社と米MedImmune社は11月16日、無作為化オープンラベルフェーズ3試験MYSTICの結果、未治療の進行非小細胞肺癌(NSCLC)を対象とした抗PD-L1抗体デュルバル ...

医療者はLGBTの理解に務めるべし

2018/11/16   -未分類

日本の人口の4〜8%くらいを占めるLGBT。日常診療で、気付かないながら、LGBTの人を診療しているはずであり、LGBTを理解しなければ、医療者としてきちんと対応できない場面が多々あると谷口氏。 So ...

お礼奉公中だけど、転職したい…

2018/11/16   -未分類

お礼奉公中に退職したら、奨学金を全額返済しないといけないけれど、そんなお金はなく、身内にも借りられない……。それでも転職したいGさんをサポートするキャリアアドバイザーの次の一手は? Source: 一 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.