「未分類」 一覧

残業減のコツは「リバースホウレンソウ」!?

2018/11/26   -未分類

【あらすじ】カラー薬局白岩店は職員の残業時間が多く、薬局長である青木は残業削減に頭を痛めていた。本部からも再三「残業時間の削減を!」と指導を受けているが、肝心な対応策が浮かばず、本部も何も教えてくれな ...

KL-6の推移で間質性肺疾患の予後は分かる?

2018/11/26   -未分類

血清KL-6の変化はIPFなどの間質性肺疾患(ILD)の進行を予測することができるのか。検証した論文を紹介します。 Source: 一般情報 KL-6の推移で間質性肺疾患の予後は分かる?

日本医学教育評価機構、東京医大の評価取り消し

2018/11/26   -未分類

東京医大の入試不正問題を受けて、日本医学教育評価機構は同大の評価を取り消しました。入試の公平性も評価項目となっていたためです。この評価を受けていなければ、東京医大の卒業生は2023年以降、米国で臨床医 ...

胃生検病理診断用のAI、診療現場での検証を開始

2018/11/26   -未分類

 日本病理学会は、学会主導で開発してきた病理診断用人工知能(AI)が実用化レベルに達したことから、今年度中に福島県と徳島県の診療現場でその効果の評価を始めると発表しました。 Source: 一般情報 ...

EGFR変異陽性NSCLCへのアテゾリズマブ、化学療法とベバシズマブの併用が有効な可能性を改めて指摘【ESMO Asia2018】

2018/11/25   -未分類

 EGFR-TKIの投与歴があるEGFR変異陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)に、アテゾリズマブと化学療法、ベバシズマブの併用が有効である可能性が改めて明らかとなった。進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NS ...

ソラフェニブ投与後のMET陽性進行HCCにtepotinib単剤が効果【ESMO Asia2018】

2018/11/25   -未分類

 ソラフェニブ投与後のChild-Pugh AのMET陽性進行肝細胞癌(HCC)に、c-METチロシンキナーゼ阻害薬であるtepotinibが単剤で効果を示すことが明らかとなった。フェーズ2試験NCT ...

進行扁平NSCLCの1次治療としてペムブロリズマブと化学療法の併用は東アジア人でも有効【ESMO Asia2018】

2018/11/25   -未分類

 進行扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法の併用は、東アジア人においても化学療法のみの場合より有効性が高く忍容性が認められることが明らかとなった ...

東アジア人の難治性、悪性度の高いNSCLCでもラムシルマブとドセタキセルの併用が高い効果の可能性【ESMO Asia2018】

2018/11/25   -未分類

 東アジア人の1次治療に難治性、悪性度の高い非小細胞癌(NSCLC)に対しても、2次治療の標準療法であるラムシルマブとドセタキセルの併用が、プラセボとドセタキセルの投与よりも高い効果を示す可能性が明ら ...

色の見えない人々が住む太平洋の島

2018/11/24   -未分類

 南太平洋に浮かぶミクロネシア諸島のピンゲラップ島は、別名「The Island of the Colorblind(色を識別しない人たちの島)」と呼ばれる。これは英国の神経学者オリバー・サックスが1 ...

リトドリンの持続注入で血管痛が起こるワケ

2018/11/24   -未分類

産科病棟の薬剤師、高城亜紀。ある日、切迫早産で入院中の妊婦が、リトドリンの点滴により血管痛を訴えたため、その原因を調べてみたところ……。 Source: 一般情報 リトドリンの持続注入で血管痛が起こる ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.