「 月別アーカイブ:2022年06月 」 一覧

32%が処方カスケード経験、総合診療科は50%

2022/06/02   -未分類

服用薬による有害反応が新たな症状と誤認され、それに対して新たな処方がされることで負の連鎖に陥る「処方カスケード」。この処方カスケードの経験がある医師は32%と多く、診療科別に見た経験率は総合診療科で最 ...

「いつの間にか骨折」悪化と判断され慰謝料が減額?!

2022/06/02   -未分類

交通事故による骨折のはずなのに、陳旧性の圧迫骨折を指摘されて大幅減額…そんな事案があるようです。濱口裕之氏のコラムです。 Source: 一般情報 「いつの間にか骨折」悪化と判断され慰謝料が減額?!

裂肛(肛門疾患)

2022/06/01   -未分類

 肛門疾患は、3大肛門疾患といわれる痔核、痔瘻、裂肛が大部分を占めるが、最近では、骨盤底筋群脆弱による直腸脱、Crohn病の肛門病変なども顕著に増加している。 わが国における肛門領域のガイドラインとし ...

メニエール病(めまい)

2022/06/01   -未分類

 「めまい」の臨床において、その原因疾患は中枢性めまい(おもに小脳あるいは脳幹障害によるめまい)より末梢性めまい(内耳あるいは前庭神経障害によるめまい)が圧倒的に多い。当科(神経耳科)の2018年度の ...

肛門周囲膿瘍と痔瘻(肛門疾患)

2022/06/01   -未分類

 肛門疾患は、3大肛門疾患といわれる痔核、痔瘻、裂肛が大部分を占めるが、最近では、骨盤底筋群脆弱による直腸脱、Crohn病の肛門病変なども顕著に増加している。 わが国における肛門領域のガイドラインとし ...

まず、気を付けるべき処方パターンを知る

2022/06/01   -未分類

処方カスケードは症例ごとに多種多様であるため、全例を把握するのは難しい。富山県の南砺市民病院内科・総合診療科副部長の大浦誠氏は、処方カスケードが起こりやすい多疾患併存状態に着目し、処方カスケードの類型 ...

外陰部扁平上皮内病変にイミキモドは第1選択となり得る

2022/06/01   -未分類

外陰部扁平上皮内病変に対して、イミキモドは治療の第1選択になり得るという臨床試験です。 Source: 一般情報 外陰部扁平上皮内病変にイミキモドは第1選択となり得る

国がコロナ用備蓄品の売却を開始

2022/06/01   -未分類

COVID-19のパンデミックを機に国が備蓄を始めた医療用物資、今後も備蓄を続けるために、入れ替えに伴う売却放出が始まります。第1弾は非滅菌手袋です。 Source: 一般情報 国がコロナ用備蓄品の売 ...

痔核(肛門疾患)

2022/06/01   -未分類

 肛門疾患は、3大肛門疾患といわれる痔核、痔瘻、裂肛が大部分を占めるが、最近では、骨盤底筋群脆弱による直腸脱、Crohn病の肛門病変なども顕著に増加している。  Source: 一般情報 痔核(肛門疾 ...

良性発作性頭位めまい症(めまい)

2022/06/01   -未分類

 「めまい」の臨床において、その原因疾患は中枢性めまい(おもに小脳あるいは脳幹障害によるめまい)より末梢性めまい(内耳あるいは前庭神経障害によるめまい)が圧倒的に多い。当科(神経耳科)の2018年度の ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.