三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらず

投稿日:

・SSRI、SNRIを最大量まで使っても効果がない時、ベンゾジアゼピン系睡眠薬を出したくない時に少量の三環系を使用している。短所は、体重増加や急性冠疾患のリスク。(50歳代病院勤務医、心療内科)
Source: 一般情報
三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらず

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.