未分類

胃癌1次治療にS-1/LVの併用療法レジメンが加わるか

投稿日:

 進行胃癌の1次治療として、S-1にロイコボリン(LV)を配合したTAS-118(日本では現在フェーズ3)とオキサリプラチンの併用療法は、現在の標準治療の1つであり推奨レジメンであるS-1とシスプラチン併用療法に対し、全生存期間において優越性を示すことがSOLAR試験の結果明らかになりました。試験結果はthe ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2019(WCGC2019)で発表されました。また2次治療以降では、2次治療のフェーズ2試験としてニボルマブ+ラムシルマブ、ニボルマブ+パクリタセル+ラムシルマブ、標準治療不応・不耐の後方ライン治療のフェーズ1b試験としてニボルマブ+レゴラフェニブ療法がそれぞれ行われ、いずれのレジメンも有用性が示唆される結果が発表されました。
 これらの結果の解釈と今後の胃癌治療について、愛知県がんセンター薬物療法部部長の室 圭氏に解説していただきました。
Source: 一般情報
胃癌1次治療にS-1/LVの併用療法レジメンが加わるか

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.