未分類

喘息バイオ製剤の使いどころと使い分け

投稿日:

 抗IL-4/13受容体抗体であるデュピクセント(一般名デュピルマブ)が2019年3月に気管支喘息に対して適応追加承認され、喘息で使えるバイオ製剤は4種類となりました(関連記事)。喘息患者のうち5~10%は、高用量の吸入ステロイド(ICS)を中心とした各種治療薬の併用を要する難治性喘息とされています。難治性喘息の中には、こうした高強度の治療でもコントロール困難な症例もあり、次の一手としてバイオ製剤の使用が急速に広がっています。最近は、クリニックなどプライマリ・ケア領域での処方も散見されるようになってきました。
Source: 一般情報
喘息バイオ製剤の使いどころと使い分け

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.