未分類

BCG療法不応性の筋層非浸潤性膀胱癌に対する遺伝子治療rAd-IFNα/Syn3のCR率は53.4%、効果は持続的【ASCO GU2020】

投稿日:

 BCG療法不応性のハイグレードの筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)患者を対象に、新規の遺伝子治療nadofargene firadenovec/Syn3(rAd-IFNα/Syn3)による膀胱内注入療法の安全性と有効性を評価した多施設共同、非盲検の第3相試験から、完全奏効(CR)率は上皮内癌(CIS)の患者で53.4%となり、忍容性も良好であることが示された。奏効は早期に認められ、持続的だった。2月13日から15日まで米サンフランシスコで開催されているGenitourinary Cancer Symposium(ASCO GU2020)で、米University of Texas MD Anderson Cancer CenterのStephen A. Boorjian氏が発表した。
Source: 一般情報
BCG療法不応性の筋層非浸潤性膀胱癌に対する遺伝子治療rAd-IFNα/Syn3のCR率は53.4%、効果は持続的【ASCO GU2020】

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.