首イボがかゆい理由とは?かゆみを減らす3つの対処法

◆首イボがかゆい理由とは?

そもそも首イボそのものに痛みやかゆみが生じることは、ほとんどありません。基本的に首イボがかゆい理由のほとんどが、外刺激によるものと考えられます。

外的刺激とは、チクチクする服を着たり、アクセサリーが当たったりすることを指します。

また首イボ自体が乾燥して正常なターンオーバーを促せずに、古い角質が起こってイボになります。十分に潤いがイボ周辺になく、かゆみを感じる場合もあります。

◆かゆみを抑える方法とは?

かゆみが強まると、とても不快感が高まるものです。可能ならばかゆみを抑えたいと思うのは自然の摂理。そこでかゆみを抑える方法を紹介します。

1.イボ周辺を冷やす

一時的にものすっごくかゆいと感じて、かきむしりたいと思うこともあることでしょう。そのようなときにイボ周辺で炎症が起きている可能性が考えられます。

炎症は冷やすことで緩和することができるので、首イボ周辺を冷やすようにしましょう。強いかゆみも弱まっていきます。掻いてしまうと悪化するので、注意しましょう。

2.化粧水を塗る

首イボがかゆいとき、乾燥している可能性が考えられます。顔は化粧水で保湿をしたとしても、顔だけにとどまって首の保湿は忘れている方が少なくありません。

かゆいときには首まで化粧水を塗ってスキンケアを徹底しましょう。スキンケアをきちんとすることで乾燥しづらくなり、かゆみ予防にもつながります。

3.首イボクリームを塗る

首イボ治療法として、首イボ専用クリームが販売されています。治療そのものに効果があるかはともかく、首イボのかゆみ対策に保湿やお手入れは有効です。

首イボクリーム使用で古い角質は取れやすくなり、肌に潤いを与えます。乾燥からくるかゆみ改善には期待できます。首のお手入れとしてクリームを肌になじませ、マッサージをすることで保湿状態を保つことにもつながります。

◆かゆみが続く場合は危険!?

もし保湿をしてもかゆみがおさまらない場合には、首イボではなくがんの可能性が考えられます。

大量に短期間でイボができてかゆいときには「内蔵悪性腫瘍」と呼ばれるがんの疑いがあります。もしがんの場合には早期治療が欠かせません。

イボだから大丈夫と決めつけずに、かゆみがおさまらない場合には速やかに病院へ行き、検査をしましょう。

 

◆まとめ

首イボがかゆいときには、乾燥や摩擦による影響が考えられます。その場合には、首イボクリームや化粧水で保湿をしてあげることで、不快なかゆみを軽減できます。

しかしかゆみがおさまらない場合には、そもそもイボではなく、がんかもしれません。不安になる場合には病院で検査をしましょう。