首イボをとるのは痛い?はさみ・レーザーを受けた人の口コミ

首イボは古い角質だと知っても、治療で取り除く際には「痛い」イメージが湧いてきますよね。不安や恐怖に押しつぶされないためにも、治療法ごとの痛み度合いや実際に受けた人の口コミを見ていきましょう。

◆首イボ治療の痛み・かゆみ

1.ハサミによる切断の場合

はさみによる切除と考えると、痛みが走りそうだと思うかもしれません。しかし、実際のところ、はさみで切るのは古い角質部分。首イボ治療時に痛みもかゆみも生じることがほとんどありません。

 

1-1ハサミによる切断をした人の口コミ

多くの皮膚科の医師が推奨するはさみ切除法。

受けた方の口コミを見てみると「全然痛くない!」と、驚かれるお声。簡単にプツンと切除できる治療法に「こんなことなら、もっと早く来ればよかった」と早めに来なかったことを悔やむ声。

さまざまな皮膚科の患者さんの声を探しましたが「痛い」という声は確認できませんでした。

 

2.炭酸ガスレーザーの場合

炭酸ガスレーザーの場合にも、光を当てて取る方法のため、首イボ治療時に痛みが発生することはほとんどありません。イメージとしては、脱毛の時に光を当てるときに、痛いと感じないのと同じくらいだと思ってよいでしょう。

 

2-1炭酸ガスレーザーの口コミ

「ほぼ無痛で取ることができました」「痛みが強いかと思ったけれど、受けてみたら全く痛みがなかった」

実際に炭酸ガスレーザーで首イボ治療をした方の組み込みを見ていると、ほとんど痛みを感じることがない結果でした。イボの大きいときには麻酔を使用率も多く、「ほとんど」「あまり」など無痛ではないようですが、「痛い」という声はありませんでした。

 

3.窒素を使った凍結療法の場合

窒素を使用した凍結療法の場合には、ハサミや炭酸ガスとは異なり、痛みが伴う場合があります。冷やすと言っても保冷材等のレベルではありません。液体窒素はマイナス196度程度まで冷やすため、触れた部分がやけどを起こすこともあります。極度に冷やすために、人によっては強い痛みを伴うこともあります。

 

3-1.窒素を使った凍結療法の口コミ

「ヒリヒリする」「ピリピリする痛みはありましたが、我慢できないほどじゃなかった」

液体窒素を使った首イボ治療の際には、マイナス190度程度にまで冷やして充てるため、はさみやレーザーと比べると「痛い」という声が散見していました。

同時に「やけどのような跡になってしまい後悔しています」など、跡が残ったとの声もいくつか確認ができました。

 

4.手術の場合

手術の場合には、治療時に麻酔を使います。そのため手術中は痛みを感じることはありません。しかし麻酔もやがて切れてきます。麻酔が切れると、首イボの切除部分に強い痛みが生じることも少なくありません。

 

4-1 手術の場合の口コミ

「局所麻酔はさす時も痛いし、切るときも、場所により痛い」「イボ切除は痛くないですが、麻酔が痛い」

手術を受けた方の口コミを見ると、手術そのものよりも麻酔の方が痛いとの声が目立ちました。首の皮膚は薄いゆえに麻酔針のチクッと感が強まるのかもしれません。

◆まとめ

これから皮膚科を受診し、首イボ治療を考える人にとって「治療法ごとの痛み」も検討材料の一つ。実際に受けた方の口コミを見ると、液体窒素の凍結療法と手術以外はほとんど痛まないという結果でした。皮膚科受診や治療の際にぜひ参考にしてみてください。