「未分類」 一覧

多様な病医院の賃上げスタイル、貴院の選択は?

2024/07/19   -未分類

岸田内閣による全産業を巻き込んでの賃上げ促進策が講じられる中、医療機関の賃上げも各施設の対応の形が見えてきました。賃上げの方式や対象者の設定などは施設により様々です。どんなパターンがあるのでしょうか? ...

抗精神病薬の高用量処方時は肺炎に注意

2024/07/19   -未分類

フィンランドの統合失調症患者を対象に、抗精神病薬の使用と肺炎リスクの関連を調べた研究が報告されました。 Source: 一般情報 抗精神病薬の高用量処方時は肺炎に注意

フィットネスジムとの連携でスポーツをする患者のパフォーマンス向上を助け、子どもたちの体力向上を目指す事業も構想中

2024/07/19   -未分類

山梨県甲斐市にある「こうの整形外科」。2011年11月、河野秀樹(こうの・ひでき)医師が50歳になった翌日に開設した。整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科を標榜し、子どもから高齢者まで、日々、多 ...

45歳男性。消炎鎮痛薬無効の発熱、右腰痛、右大腿前面痛 

2024/07/19   -未分類

 患者は45歳男性。2週間前に右腰痛と鼠径部痛を主訴に前医を受診し、消炎鎮痛薬と筋弛緩薬を処方されました。しかし、疼痛は増強し、右大腿前面痛も出現したため当院を受診。38.2℃の発熱に加え、理学所見で ...

春闘による賃上げ対象から「医師除外」が多数、医労連調査

2024/07/18   -未分類

医師の賃上げが上手くいっていないようです。物価高を背景とした世間の賃上げトレンドに乗って、例年に比べ多くの医療従事者がベースアップ(定期昇給や賞与・手当てを除いた、賃金テーブルの上昇)を勝ち取る中で、 ...

ICIによる肝障害、リスク因子は治療開始時のALTや好酸球数高値などと報告

2024/07/18   -未分類

近年ICIが普及する一方で、免疫関連有害事象(irAE)の重要性も高まっており、そのリスク因子の同定などが課題です。岡山大学病院消化器内科の田中瑛美氏、竹内康人氏らは、2024年6月13~14日に熊本 ...

日本独自のセクションが設けられた敗血症の急性血液浄化

2024/07/18   -未分類

 前回に引き続き、日本救急医学会と日本集中治療医学会の合同委員会による「日本版敗血症診療ガイドライン2024」、通称J-SSCG2024の解説です。本文が日本救急医学会HPと日本集中治療医学会HPでも ...

能登半島地震、本部支援者で離職・事故リスクが現地支援者よりも高いことが明らかに

2024/07/18   -未分類

2024年元旦に発生した能登半島地震において、傷病者の発生状況を入力する災害時診療概況報告システム「J-SPEED」を初めて救護班や自治体職員の健康状態の把握のために利用したところ、現地支援者よりも本 ...

長期収載品の選定療養に関する疑義解釈を発出

2024/07/18   -未分類

厚労省は24年7月12日、長期収載品の選定療養化について疑義解釈資料を発出し、選定療養の対象外となる、「医療上の必要性」認められる場合について明確化しました。 Source: 一般情報 長期収載品の選 ...

シロドシン服用中に下痢を訴えた患者

2024/07/18   -未分類

「最近飲み始めた薬のせいか、なんだかおなかが緩くなって…‥」と訴える患者。その背景は。 Source: 一般情報 シロドシン服用中に下痢を訴えた患者

Copyright© 医学学会ニュース , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.