「 月別アーカイブ:2020年07月 」 一覧

教育委員会主催 医療疫学トレーニングコース参加者募集のお知らせ ※集団発生調査編の申込期間を延長しました

2020/07/31   -日本環境感染学会

日本環境感染学会 教育委員会 委員長  森兼啓太 副委員長 操 華子  COVID-19の感染拡大対応で、会員の皆さまにおかれましては、日々ご苦労が多いことと思います。本感染の第2波も危惧されておりま ...

「急性期で、まずは3年」と言われたけれど

2020/07/31   -未分類

光陰、矢の如し──。「鉄は熱いうちに打て」「思い立ったが吉日」なんていうことわざもありますよね。 Source: 一般情報 「急性期で、まずは3年」と言われたけれど

5月の健診等実施件数は前年同月比で6~9割減

2020/07/31   -未分類

  2020年7月29日、日本医師会は会見を開き、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)影響下での、日医の健診・検査センター等の医業経営実態調査結果を発表しました。5月の健診事業の事業収入は前年 ...

ペムブロリズマブのトリプルネガティブ乳癌に関する2件の適応拡大申請がFDAに受理

2020/07/31   -未分類

 米Merck社は7月30日、ペムブロリズマブのトリプルネガティブ乳癌に関する2件の適応拡大申請が、米食品医薬品局(FDA)に受理されたと発表した。1件は進行乳癌に対するもので、もう1件は高リスク早期 ...

都医会長「特措法改正でエピセンター対策を」

2020/07/31   -未分類

 東京都医師会は2020年7月30日に会見を開き、会長の尾﨑治夫氏は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規陽性者が増加していることについて、「日本全体がどんどん感染の火だるまに陥っている。 ...

厚労省、今後2年間で医療情報の共有化の推進を確認

2020/07/31   -未分類

厚生労働省は2020年7月30日、データヘルス改革推進本部を開催。改めて医療情報の共有化を進める姿勢を示しました。 Source: 一般情報 厚労省、今後2年間で医療情報の共有化の推進を確認

月経痛に処方された低用量ピル

2020/07/31   -未分類

ついにドラマの放送がスタートした、ゼノンコミックス「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。第4巻をDI Onlineで特別公開します。 Source: 一般情報 月経痛に処方された低用量ピル

救急外来には新型コロナの第2波なんてない!?

2020/07/31   -未分類

救急医療の最前線でこれまでに数十人のCOVID-19患者を診療してきた小島直樹氏の新しい連載です。COVID-19も鑑別に入れなければいけないwithコロナ時代の救急の現場についてご寄稿いただきます。 ...

BRAF V600変異陽性進行悪性黒色腫を対象にベムラフェニブ・cobimetinib・アテゾリズマブ併用が米国で承認

2020/07/31   -未分類

 米Genentech社は7月30日、BRAF V600変異陽性進行悪性黒色腫を対象に、抗PD-L1抗体アテゾリズマブとMEK阻害薬cobimetinib、BRAF阻害薬ベムラフェニブの併用療法が、米 ...

新型コロナウイルス第2波に薬局はどう備える?

2020/07/31   -未分類

 2020年5月末に緊急事態宣言が解除され落ち着きを見せたのもつかの間、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が再び広がり始めました。迫り来る第2波に対して、薬局としてどう備えればいいのか――。 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.