「 月別アーカイブ:2024年07月 」 一覧

再発・進行子宮頸癌の1次治療で化学療法とベバシズマブにアテゾリズマブ追加の生存期間延長効果を日本人でも確認【日本婦人科腫瘍学会 2024】

2024/07/20   -未分類

 再発または転移を有する子宮頸癌の1次治療として、白金系抗癌薬ベースの2剤併用化学療法とベバシズマブにアテゾリズマブを加えた併用療法が、アテゾリズマブを加えなかった場合よりも無増悪生存期間(PFS)と ...

適合した標的治療を受けた進行固形癌患者は標的治療を受けなかった患者より生存期間が延長、大規模統合解析で判明

2024/07/20   -未分類

 国立がん研究センターは7月19日、進行固形癌で分子プロファイル解析から同定されたバイオマーカーに適合する標的治療を受けた患者は、標的治療を受けなかった患者よりも生存期間が延長することが分かったと発表 ...

鎮咳薬はデキストロメトルファンがシェア1位、トップ3が順位譲らず

2024/07/20   -未分類

効果発現が比較的早いように感じる。副作用に眠気が言われているが、患者から訴えを聞いたことはない。(30歳代診療所勤務医、一般内科) Source: 一般情報 鎮咳薬はデキストロメトルファンがシェア1位 ...

コロナ報告数、2023年同週を上回る定点当たり11.18に

2024/07/20   -未分類

7月8~14日における、新型コロナウイルス感染症の定点当たり報告数は11.18。2023年の同週の報告数(11.04)を超えました。鹿児島県では31.75まで増加しています。 Source: 一般情報 ...

エアコンをつけない人に伝えたいこと/賃上げから取り残される医師──週間まとめ

2024/07/20   -未分類

今週、日経メディカルで反響が大きかった記事をピックアップ。7月16日公開の「夏にエアコンをつけない患者を翻意させる方法」や7月18日公開の「春闘による賃上げ対象から『医師除外』が多数、医労連調査」など ...

縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーでの筋力低下抑制薬

2024/07/19   -未分類

2024年3月26日、縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー治療薬、アセノイラミン酸(商品名アセノベル)の製造販売が承認されました。アセノイラミン酸の補充により筋力低下の進行を抑制します。 Source: ...

45歳男性。消炎鎮痛薬無効の発熱、右腰痛、右大腿前面痛 

2024/07/19   -未分類

 患者は45歳男性。2週間前に右腰痛と鼠径部痛を主訴に前医を受診し、消炎鎮痛薬と筋弛緩薬を処方されました。しかし、疼痛は増強し、右大腿前面痛も出現したため当院を受診。38.2℃の発熱に加え、理学所見で ...

フィットネスジムとの連携でスポーツをする患者のパフォーマンス向上を助け、子どもたちの体力向上を目指す事業も構想中

2024/07/19   -未分類

山梨県甲斐市にある「こうの整形外科」。2011年11月、河野秀樹(こうの・ひでき)医師が50歳になった翌日に開設した。整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科を標榜し、子どもから高齢者まで、日々、多 ...

抗精神病薬の高用量処方時は肺炎に注意

2024/07/19   -未分類

フィンランドの統合失調症患者を対象に、抗精神病薬の使用と肺炎リスクの関連を調べた研究が報告されました。 Source: 一般情報 抗精神病薬の高用量処方時は肺炎に注意

多様な病医院の賃上げスタイル、貴院の選択は?

2024/07/19   -未分類

岸田内閣による全産業を巻き込んでの賃上げ促進策が講じられる中、医療機関の賃上げも各施設の対応の形が見えてきました。賃上げの方式や対象者の設定などは施設により様々です。どんなパターンがあるのでしょうか? ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.