「 月別アーカイブ:2021年11月 」 一覧

RET融合遺伝子陽性NSCLCへのセルペルカチニブは日本人でも有効で日本人特有の副作用は認めず【日本肺癌学会2021】

2021/11/28   -未分類

 RET阻害薬セルペルカチニブは、日本人のRET融合遺伝子陽性非小細胞肺癌(NSCLC)においても有効であり、日本人に特有な安全性の問題は認められないことが明らかとなった。セルペルカチニブのフェーズ1 ...

EGFR変異陽性肺癌の1次治療でのオシメルチニブの効果はL858R変異患者と肝転移患者で低い可能性、実臨床での結果【日本肺癌学会2021】

2021/11/28   -未分類

 EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌に対する1次治療としてのオシメルチニブ投与で、EGFR遺伝子変異のサブタイプと治療開始時に肝転移があることが、有効性が下がる因子である可能性が明らかとなった。また、 ...

東アジア人のROS1変異陽性NSCLCへのクリゾチニブ投与の有効性が5年超の観察期間で確認、OS中央値44.2カ月【日本肺癌学会2021】

2021/11/28   -未分類

 東アジア人のROS1変異陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)へのクリゾチニブ投与の有効性が、5年を超える観察期間でも認められることが明らかとなった。東アジア人を対象にしたフェーズ2試験のアップデート解 ...

EGFRエクソン20挿入変異陽性NSCLCでのamivantamabの効果と安全性はアジア人サブグループで全体集団と同等【日本肺癌学会2021】

2021/11/28   -未分類

 EGFRとMETに対する二特異性抗体であるamivantamabの、白金系抗癌薬既治療のEGFRエクソン20挿入変異陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対する有効性と安全性が、アジア人でも全体集団と ...

第113回 近畿生理学談話会

2021/11/27   -日本生理学会

Source: 日本生理学会 第113回 近畿生理学談話会

ジャディアンスに慢性心不全の適応追加

2021/11/27   -未分類

 2021年11月25日、日本ベーリンガーインゲルハイムは、SGLT2阻害薬のジャディアンスが慢性心不全に対する効能・効果の追加承認を取得したと発表しました。フォシーガに続き2剤目となります。 Sou ...

ニューキノロン市場、レボフロキサシン首位は変わらずも2位以下に大きな変動

2021/11/27   -未分類

・呼吸器感染症の患者を多く診察するため、緑膿菌を含めて幅広い菌種に効果が期待できる点、1日1回の服薬で済むためコンプライアンスが期待できる点が気に入っている。(40歳代病院勤務医、呼吸器内科) Sou ...

第6波のインパクトを占う4つの視点

2021/11/27   -未分類

年末から来年1月にかけて来ると予測されている第6波を考えてみました。 Source: 一般情報 第6波のインパクトを占う4つの視点

潰瘍性大腸炎増悪の原因は腸内細菌による好中球の長寿命化

2021/11/26   -未分類

腸内細菌が産生するATPが好中球を以上活性化させてしまうのです。 Source: 一般情報 潰瘍性大腸炎増悪の原因は腸内細菌による好中球の長寿命化

エキスパートがコロナ診療の疑問に答える

2021/11/26   -未分類

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の最前線に立つ呼吸器内科医。その英知を集結し、かつ均霑化を目指す活動を積極的に行ってきた日本呼吸器学会COVID-19診療expert opinionワ ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.