「未分類」 一覧

急性心不全退院後はすぐ十分量の標準治療薬を

2022/11/30   -未分類

オープンラベルであり患者の診察の頻度が違うといったバイアスは残りますが、心不全入院リスクの減少の大きさは注目されます。 Source: 一般情報 急性心不全退院後はすぐ十分量の標準治療薬を

肺炎?肺癌?あの疾患を忘れないで!

2022/11/30   -未分類

もう教科書だけで見る疾患? いえいえ全くそうではないんです。 Source: 一般情報 肺炎?肺癌?あの疾患を忘れないで!

医師の残業規制を前に始動した佐久での「病院間連携」

2022/11/30   -未分類

医師の働き方改革で残業時間が制限されたら、救急医療が成り立たなくなるのではないか──。そんな懸念が指摘される中、著者が勤務する長野県の佐久地域では、時間外・休日診療に関する病院間連携の動きが出てきたと ...

除斥期間と時効の違い、損害賠償いつまで可能?

2022/11/30   -未分類

集団予防接種によりB型肝炎を発症したとして国への損害賠償を求めていた裁判で、「除斥期間」の起算点は発症時でなく再発時であるとして、原告らの請求が認められました。除斥期間とは何か、時効との違いなどについ ...

外国人診療、必要なのは英語だけ?

2022/11/30   -未分類

コミュニケーションに不安を覚える外国人診療。英語を母語としない患者に対しては、意外にも日本語の方が有用なこともあるようです。 Source: 一般情報 外国人診療、必要なのは英語だけ?

都区部の診療所から集患の相談、実情を伺うと…

2022/11/29   -未分類

普段は病院に勤務し、個人的に他院の広報・マーケティングのアドバイスも行っているという著者。今回は、都内の診療所からの依頼により着手した増患策について紹介します。 Source: 一般情報 都区部の診療 ...

小児癌に期待される次世代の免疫療法

2022/11/29   -未分類

小児癌の治療にも近年、免疫療法が導入されています。第60回日本癌治療学会の臓器別ワークショップ「小児がんに対する免疫療法の現状」で紹介された、抗GD2抗体免疫療法、GD2を標的とした次世代の治療法、W ...

小児ではワクチンのオミクロン株予防効果は急速に減衰

2022/11/29   -未分類

ワールドカップで盛り上がっているカタールから、BNT162b2ワクチンを接種した小児のオミクロン株に対する感染予防効果の急速な減衰が報告されました。 Source: 一般情報 小児ではワクチンのオミク ...

まずアブレーションで持続性AFへの進行75%減

2022/11/29   -未分類

ぼんやりと抗不整脈薬を投与していてはダメという点で、Practice Changingなエビデンスといえそうです。 Source: 一般情報 まずアブレーションで持続性AFへの進行75%減

低温透析は心血管イベントリスクを減らさない

2022/11/29   -未分類

透析開始前に測定した患者の体温より0.5℃低い透析液を用いる個別化低温透析は、36.5℃の透析液を用いる標準的な透析と比べ、心血管リスクを減らしていませんでした。カナダの研究です。 Source: 一 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.