「未分類」 一覧

外用抗真菌薬で処方頻度が最も高いのは引き続きテルビナフィン

2024/03/02   -未分類

・後発品が安価に手に入り、1日1回の投与で済む。(60歳代開業医、眼科) Source: 一般情報 外用抗真菌薬で処方頻度が最も高いのは引き続きテルビナフィン

後発品・バイオシミラーへの切り替えのポイント

2024/03/01   -未分類

増大する医療費の中でも多くを占める医薬品費──。その削減法の1つに、安価な薬剤(後発品やバイオシミラー)への切り替えがあります。医師や患者の理解を得て切り替えを推進し、医薬品の費用をコントロールするこ ...

疑義照会時に好感が持てた医師の発言

2024/03/01   -未分類

処方医への問い合わせや疑義照会は、いつも緊張するものですね。熊谷氏が処方医に電話をしてみると、こんな返答があったそうです。 Source: 一般情報 疑義照会時に好感が持てた医師の発言

唇が腫れるのはなぜ?-遺伝性血管性浮腫

2024/03/01   -未分類

大きく腫れた唇の印象が強い遺伝性血管性浮腫。浮腫が腸管に生じれば腹痛も起きます。腹部症状のみだと診断は難しいかも……。今回は、遺伝性血管性浮腫の機序や疫学について村川先生が解説します。 Source: ...

発作性夜間ヘモグロビン尿症の経口薬、血管外溶血を抑制

2024/03/01   -未分類

2024年1月18日、発作性夜間ヘモグロビン尿症治療薬ダニコパン(商品名ボイデヤ錠50mg)の製造販売が承認されました。用法用量は「補体(C5)阻害薬との併用において、成人は1回150mgを1日3回食 ...

肥満対策は新型コロナの死亡率減少にも有効

2024/03/01   -未分類

肥満の有病率が世界でも最も高い国の1つであるメキシコのデータを用いて、もしも国民のBMIが低かったらCOVID-19による死者はどのくらい減らせたかをシミュレーションした研究が報告されました。 Sou ...

能登半島地震、石川県での地域包括ケアシステムの確立が急務

2024/03/01   -未分類

2024年1月1日に起きた能登半島地震への支援を続ける団体の1つに一般社団法人日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)があります。JRATでは発災後からこれまでに支援部隊を複数派遣しており、毎日 ...

厚労省、薬機法改正に向け4月にも議論開始

2024/03/01   -未分類

  厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会が2024年2月9日に開催され、厚生労働省は医薬品医療機器等法(薬機法)の次期改正に向けた議論のスケジュールを示しました。 Source: 一般情報 厚労省、薬 ...

1型糖尿病発症を2年遅らせる薬剤の意義とは?

2024/03/01   -未分類

1型糖尿病の発症を2年間遅らせる効果があるという抗CD3抗体テプリズマブ。FDAでは2022年に承認されています。同薬が臨床に与えるインパクトとは──。 Source: 一般情報 1型糖尿病発症を2年 ...

可愛い親にはたびをさせるか?

2024/02/29   -未分類

侵襲性の低い大動脈弁狭窄症の治療法として注目を集めるTAVI。100歳以上の患者さんを対象に行われたケースもあるようです。ですが、100歳以上の患者に対して500万円を超える医療費を公費で賄うべきなの ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.