「 月別アーカイブ:2024年06月 」 一覧

松本氏が組織の力で9割迫る得票、松原元副会長に大差

2024/06/22   -未分類

【速報】日医会長選の結果、現会長の松本吉郎氏(埼玉県医師会)が2度目の当選を果たしました。松本氏は投票した代議員総数378人の9割近い334票を獲得し、38票にとどまった元副会長の松原謙二氏(大阪府医 ...

SNRIはデュロキセチンの人気根強く、7割以上のシェアを維持

2024/06/22   -未分類

使い慣れていて、使用頻度も高い。ベンラファキシン塩酸塩、ミルナシプラン塩酸塩と比べて有効性や有害事象の点でも劣っていないため。(40歳代病院勤務医、精神科) Source: 一般情報 SNRIはデュロ ...

食事療法を大幅拡充「糖尿病GL」/研修医“誤診報道”に緊急寄稿──週間まとめ

2024/06/22   -未分類

今週、日経メディカルで反響が大きかった記事をピックアップ。6月18日公開の「策定委員長に聞く、『糖尿病診療ガイドライン2024』のポイントとは」や6月20日公開の「名古屋第二日赤の“誤診報道”、SMA ...

NPM1変異/KMT2A再構成のある再発・難治性急性白血病にDSP-5336は忍容性と有効性を示す【EHA 2024】

2024/06/21   -未分類

 再発・難治性急性白血病に対し、メニンとMLL(mixed-lineage leukemia)タンパク質の結合を阻害するDSP-5336の忍容性と有効性が認められ、NPM1遺伝子変異あるいはKMT2A ...

ミオシン阻害薬aficamten、閉塞性肥大型心筋症を改善 他

2024/06/21   -未分類

 2024年6月21日に公開したポッドキャスト配信「日経メディカル 聴く論文」のアーカイブです。ご興味のある方は是非ご登録ください。 Source: 一般情報 ミオシン阻害薬aficamten、閉塞性 ...

鳥インフルに感染した牛由来の生乳、ヒトが感染する可能性

2024/06/21   -未分類

高病原性鳥インフルエンザウイルスA(H5N1亜型)が乳牛に感染している事例が米国で報告されました。感染した牛の生乳を飲ませたところ、マウスを感染させる能力があったそうです。 Source: 一般情報 ...

総合診療専門医は「かかりつけ医機能支援診療所」として地域を支える役割を

2024/06/21   -未分類

2024年6月7~9日に開催された第15回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会で、日本プライマリ・ケア連合学会副理事長の大橋博樹氏や日本医師会常任理事の釜萢敏氏などが登壇。かかりつけ医機能に求められる ...

親子間承継、「できることからやる」の落とし穴

2024/06/21   -未分類

親子間承継を考えている場合、良かれと思ってできることから準備を進めていくと、後々トラブルにつながる可能性があります。まずは承継の意志や時期を明確にし、子の意向を尊重した承継を行うことが重要です。 So ...

長崎大学病院、2024年度改定のNICUの宿日直許可要件の影響で4800万円減収の可能性も

2024/06/21   -未分類

2024年4月から、医師の残業時間の罰則付き上限規制がいよいよ始まった。ただし、「医師の働き方改革」自体は、上限規制開始前から既に多くの病院が着手している。長崎大学病院では、複数の診療科で業務改善に力 ...

英語は伝える手段、完璧でなくてよいのです

2024/06/21   -未分類

幅広い教養を身に付けたい医師・医学生のための連載「医師こそリベラルアーツ!」。第3回となる今回は、三木谷浩史『たかが英語!』(講談社、2012)をご紹介しながら、英語の学び方について考えます。英語が苦 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.