「 月別アーカイブ:2022年05月 」 一覧

骨髄異形成症候群

2022/05/31   -未分類

 骨髄異形成症候群(MDS)は造血幹細胞レベルに発生した遺伝子変異による骨髄性腫瘍である。中高年者に好発し、発症は男性に多い。1993~2008年のがん登録データによると、わが国における診断年齢中央値 ...

肺塞栓症

2022/05/31   -未分類

 肺血栓塞栓症(PTE)は、主として下肢あるいは骨盤内の深部静脈血栓が塞栓源となり、肺動脈が閉塞することで発症する。血栓塞栓子の大きさや患者の心肺予備能によっては、肺循環不全からショックや突然死を来し ...

大動脈瘤

2022/05/31   -未分類

 生活習慣の欧米化ならびに無侵襲診断法の進歩に伴い大動脈瘤症例が増加している。非破裂例のほとんどが無症状であり有病率の詳細な疫学統計はないが、人口動態統計によれば、2011年の大動脈瘤および解離による ...

全身性エリテマトーデス

2022/05/31   -未分類

 全身性エリテマトーデス(SLE)は、15〜40歳台の女性(妊娠可能年齢)に好発(男女比1:9)する代表的な全身性自己免疫疾患である。2017年度(平成29年度)における特定医療費受給者数は6万446 ...

サルコイドーシス

2022/05/31   -未分類

 サルコイドーシスは原因不明の全身性肉芽腫性疾患である。サルコイドーシスの疫学や病像は人種による違いが大きく、日本人症例では眼病変と心臓病変の頻度が高い一方、肺病変が重症化する症例は少ない。やや女性に ...

“副腎疲労症候群”に悩む人たちと自称専門家の治療内容

2022/05/31   -未分類

“副腎疲労症候群”を名乗る患者に時々遭遇するという谷口氏。“副腎疲労症候群”の専門家による治療の安全性にも疑問を呈します。 Source: 一般情報 “副腎疲労症候群”に悩む人たちと自称専門家の治療内 ...

BNT162b2ワクチンはオミクロン株から小児を守れるかが話題に

2022/05/31   -未分類

5~18歳に対するBNT162b2ワクチンの有効性を調べた論文が、電子版公開時に続いて論文収録時にもツイート数が増えました。 Source: 一般情報 BNT162b2ワクチンはオミクロン株から小児を ...

透析患者向け掻痒治療薬の国内第2相の結果

2022/05/31   -未分類

透析患者の皮膚掻痒症に対する新薬候補の臨床試験が日本で行われました。 Source: 一般情報 透析患者向け掻痒治療薬の国内第2相の結果

脳卒中

2022/05/31   -未分類

 わが国の脳卒中は1960年代において死因別死亡者数の第1位であったが、次第に減少を示し現在では第4位(約11万人)である。死亡者数は減少しているが、脳卒中により継続的に医療を受けている総患者数は約1 ...

処方解析に「病態流れ図」を活用しよう

2022/05/31   -未分類

「病態流れ図」を用いた処方解析の手法について、薬学生や新人薬剤師への指導経験もある医師の津島太陽氏が解説する新連載です。 Source: 一般情報 処方解析に「病態流れ図」を活用しよう

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.