骨髄異形成症候群

投稿日:

 骨髄異形成症候群(MDS)は造血幹細胞レベルに発生した遺伝子変異による骨髄性腫瘍である。中高年者に好発し、発症は男性に多い。1993~2008年のがん登録データによると、わが国における診断年齢中央値は76歳であり、罹患率は人口10万人当たり男性3.8人、女性2.4人であるが、70歳を超えると急速に発症が増加する。年齢はMDS発症のリスク因子として認識されている。
Source: 一般情報
骨髄異形成症候群

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.