「 投稿者アーカイブ:divafes 」 一覧

リボシクリブが乳癌患者の全生存期間を延長

2019/06/27   -未分類

 フェーズ3試験MONALEESA-7は、閉経前または閉経後のホルモン受容体陽性でHER2陰性の進行乳癌患者に対して、ホルモン療法に加えて、サイクリン依存性キナーゼ(CKD)4/6阻害薬のリボシクリブ ...

万年研修医の覚悟がないと時代に取り残される

2019/06/27   -未分類

 長年、診療所開業医として1人で診療をしていると、独りよがりの診療に陥ってしまうことがある。どうしたらそうした事態を回避できるのか。69歳になった今も自身の研鑽を怠らない中西重清氏に聞いた。 Sour ...

認知症の睡眠問題は「診立て」が肝心

2019/06/27   -未分類

認知症で在宅介護が困難になる原因の一つに、睡眠問題の存在があります。では、なぜ認知症で睡眠問題が多いのでしょうか。 Source: 一般情報 認知症の睡眠問題は「診立て」が肝心

POLO試験の結果は進行膵癌の診療を変えるか?

2019/06/27   -未分類

ASCOの膵癌領域のトピックスについて、杏林大学の古瀬純司先生に御解説をいただきました。話題の中心はプレナリーセッションに選ばれた、BRCA変異陽性進行膵癌に対するオラパリブの効果を検討したPOLO試 ...

再製造医療機器流通のために病院が注意すべきポイントは?

2019/06/27   -未分類

 単回使用医療機器(SUD)の再製造のための、「再製造単回使用医療機器基準」が告示されて2年が経つ。使用済みSUDの回収に当たって、医療機関にはどのような対応が求められるのか。 Source: 一般情 ...

感染症後に求められる「登校許可証」の謎

2019/06/27   -未分類

 西日本でインフルエンザや手足口病が流行しているようです。「ようです」とか言っていますが、先日うちの息子もインフルエンザになりました。連日40度を超える発熱でしんどそうにしているのですが、僕にできるの ...

セルメデ税制、認知度上がるも利用意向は低下

2019/06/26   -未分類

セルフメディケーション税制の認知度は7割を超えている一方、利用意向は1割と低迷してることが、日本一般用医薬品連合会の調査で明らかになりました。 Source: 一般情報 セルメデ税制、認知度上がるも利 ...

がん薬物療法中に自損事故、運転禁止で済まぬ事情も

2019/06/26   -未分類

鹿児島共済会南風病院の加藤博美氏らによると、がんの薬物療法中に自損事故を起こした事例をきっかけに、自院のがん患者の自動車運転の現状を調査した結果、直近の3年間で3件の自損事故が発生していたことが明らか ...

久しぶりに「熊谷君」と呼ばれて

2019/06/26   -未分類

同級生のお母さんと久しぶりに再会した熊谷氏。「熊谷君」と呼ばれて感じたこととは──。 Source: 一般情報 久しぶりに「熊谷君」と呼ばれて

勘違いが多い「離婚調停」の実情

2019/06/26   -未分類

 医療裁判を紹介する当コラムですが、今回は本題を外れて、医療以外の話を取り上げたいと思います。私は、これまで高等裁判所や地方裁判所のほか、家庭裁判所でも裁判官を務めてきました。家庭裁判所は夫婦関係や親 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.