「 投稿者アーカイブ:divafes 」 一覧

昭和の薬局の調剤室を回顧する

2019/12/09   -未分類

 前回、昔の薬局の姿を知ることで、これからの薬局薬剤師のヒントになるのではと考え、私が見聞きした、昭和30年以降の薬局の姿をご紹介しました。 今回は、今でも特に強く印象に残っている、当時の調剤の様子に ...

近い将来、国民の1割近くが認知症に!?

2019/12/09   -未分類

人生100年時代ってどんな時代だろうか。考えてみた。 Source: 一般情報 近い将来、国民の1割近くが認知症に!?

爪に凸凹ができました。どこか悪いんですか?

2019/12/09   -未分類

 今回は爪の形態異常、爪の表面に陥凹が見られる病変です。 Source: 一般情報 爪に凸凹ができました。どこか悪いんですか?

【動画】20歳代男性。息切れ

2019/12/09   -未分類

過去のメディクイズを用いて、胸部X線の読影について解説するこのコラム、今回は鎮咳薬と抗菌薬で改善しない息切れの症例です。 Source: 一般情報 【動画】20歳代男性。息切れ

MGがステロイドパルスで一過性に増悪する理由

2019/12/09   -未分類

神経疾患がステロイド投与後に増悪する理由、どのように考えられているのでしょうか。【医師会員限定コンテンツです】 Source: 一般情報 MGがステロイドパルスで一過性に増悪する理由

糖尿病の腎機能低下、老若男女の誰が高リスク?

2019/12/09   -未分類

糖尿病患者の腎機能を低下させるリスクはいくつも知られていますが、どんな年齢でも同程度のリスクなのでしょうか。年齢層ごとのリスクの重みの違いは意外と知られていません。 Source: 一般情報 糖尿病の ...

リファンピシンは下肢切断リスクを減らす

2019/12/09   -未分類

 結核の治療薬というイメージが強いリファンピシンですが、バイオフィルムを突破しやすいという特徴があるそうです。 Source: 一般情報 リファンピシンは下肢切断リスクを減らす

BTK阻害薬チラブルチニブが原発性マクログロブリン血症に有効性を示す【ASH2019】

2019/12/09   -未分類

 第2世代ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬であるチラブルチニブの単剤投与が、未治療並びに再発または難治性のワルデンシュトレームマクログロブリン血症(WM、原発性マクログロブリン血症)に有効で ...

サイファーだからDAPTは一生涯、マルかバツか

2019/12/09   -未分類

 第一世代の薬剤溶出ステント(DES)であるサイファーやタキサスが第一線で使用されていた時代、そう、今から10年くらい前に経皮的冠動脈インターベンション治療(PCI)を行った患者を、大学病院から関連病 ...

支払い側、薬局機能に応じた評価体系を要望

2019/12/09   -未分類

支払い側はマイナス改定、診療側はプラス改定を主張しました。 Source: 一般情報 支払い側、薬局機能に応じた評価体系を要望

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.