「 月別アーカイブ:2019年06月 」 一覧

POLO試験の結果は進行膵癌の診療を変えるか?

2019/06/27   -未分類

ASCOの膵癌領域のトピックスについて、杏林大学の古瀬純司先生に御解説をいただきました。話題の中心はプレナリーセッションに選ばれた、BRCA変異陽性進行膵癌に対するオラパリブの効果を検討したPOLO試 ...

感染症後に求められる「登校許可証」の謎

2019/06/27   -未分類

 西日本でインフルエンザや手足口病が流行しているようです。「ようです」とか言っていますが、先日うちの息子もインフルエンザになりました。連日40度を超える発熱でしんどそうにしているのですが、僕にできるの ...

万年研修医の覚悟がないと時代に取り残される

2019/06/27   -未分類

 長年、診療所開業医として1人で診療をしていると、独りよがりの診療に陥ってしまうことがある。どうしたらそうした事態を回避できるのか。69歳になった今も自身の研鑽を怠らない中西重清氏に聞いた。 Sour ...

ダラツムマブが多発性骨髄腫の成績を改善

2019/06/26   -未分類

 ヒト型抗CD38モノクローナル抗体のダラツムマブを、幹細胞移植を含む標準治療に追加すると、治療成績が改善するという研究が報告されました。 Source: 一般情報 ダラツムマブが多発性骨髄腫の成績を ...

胃癌1次治療におけるペムブロリズマブの意義とは

2019/06/26   -未分類

ASCOの胃癌領域のトピックスについて、大阪大学の佐藤太郎先生に御解説をいただきました。話題の中心は、一次治療としてのペムブロリズマブの効果を評価したKEYNOTE-062試験についてでした。 Sou ...

セルメデ税制、認知度上がるも利用意向は低下

2019/06/26   -未分類

セルフメディケーション税制の認知度は7割を超えている一方、利用意向は1割と低迷してることが、日本一般用医薬品連合会の調査で明らかになりました。 Source: 一般情報 セルメデ税制、認知度上がるも利 ...

久しぶりに「熊谷君」と呼ばれて

2019/06/26   -未分類

同級生のお母さんと久しぶりに再会した熊谷氏。「熊谷君」と呼ばれて感じたこととは──。 Source: 一般情報 久しぶりに「熊谷君」と呼ばれて

スピリーバ処方時はこの症状を要チェック!!

2019/06/26   -未分類

今回は、スピリーバが処方された71歳男性の処方箋を紹介します。どのような点に注意して、確認すればいいでしょうか――。 Source: 一般情報 スピリーバ処方時はこの症状を要チェック!!

新型出生前診断の拡充で妊婦のニーズに応えたい

2019/06/26   -未分類

これまで学会が適切な運用を検討してきた母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)。このたび、国でも検討を始めることが決まりました。 Source: 一般情報 新型出生前診断の拡充で妊婦のニーズに応え ...

2型糖尿病の腎構造の早期変化はアルブミン尿の変化と関連

2019/06/26   -未分類

2型糖尿病では尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)の変化は腎構造の早期変化を反映していますが、早期からの糸球体濾過率(GFR)の変化と腎構造の変化との関連は弱いことが示されました。 Source: ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.