未分類

POLO試験の結果は進行膵癌の診療を変えるか?

投稿日:

ASCOの膵癌領域のトピックスについて、杏林大学の古瀬純司先生に御解説をいただきました。話題の中心はプレナリーセッションに選ばれた、BRCA変異陽性進行膵癌に対するオラパリブの効果を検討したPOLO試験でした。日本の進行膵癌の診療体制に影響を及ぼす可能性を指摘されました。
Source: 一般情報
POLO試験の結果は進行膵癌の診療を変えるか?

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.