未分類

リボシクリブが乳癌患者の全生存期間を延長

投稿日:

 フェーズ3試験MONALEESA-7は、閉経前または閉経後のホルモン受容体陽性でHER2陰性の進行乳癌患者に対して、ホルモン療法に加えて、サイクリン依存性キナーゼ(CKD)4/6阻害薬のリボシクリブを投与して、プラセボと比較したものだ。既にリボシクリブ群の無増悪生存期間の延長が報告されている。韓国ソウル国立大学病院のSeock-Ah Im氏らは、MONALEESA-7の参加者をさらに追跡して、副次評価項目の全生存期間についてもリボシクリブ追加による利益が見られたと報告した。結果はNEJM誌電子版に2019年6月4日に掲載された。
Source: 一般情報
リボシクリブが乳癌患者の全生存期間を延長

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.