未分類

ゲムシタビン、シスプラチン、ニボルマブの併用が筋層浸潤膀胱癌における根治的膀胱摘除の術前療法として有望【ASCO GU2020】

投稿日:

 筋層浸潤膀胱癌(MIBC)における根治的膀胱摘除の術前療法として、ゲムシタビンとシスプラチンにニボルマブを投与する方法が有効である可能性が明らかとなった。フェーズ2試験BLASST-1で、多くの病理学的なダウンステージが認められる一方、毒性の増加や手術の遅延は見られなかった。2月13日から15日まで米サンフランシスコで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2020)で、米Cleveland Clinic Taussig Cancer InstituteのShilpa Gupta氏が発表した。
Source: 一般情報
ゲムシタビン、シスプラチン、ニボルマブの併用が筋層浸潤膀胱癌における根治的膀胱摘除の術前療法として有望【ASCO GU2020】

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.