再発リスクが中から高の腎細胞癌の術後補助療法としてニボルマブとイピリムマブの併用はDFSを有意に改善できず

投稿日:

 米Bristol Myers Squibb社は7月29日、再発リスクが中程度から高度の腎細胞癌の術後補助療法として、ニボルマブとイピリムマブの併用療法は有意な無病生存期間(DFS)の改善を認めなかったと発表した。フェーズ3試験であるCheckMate -914試験のパートAの結果、主要評価項目の盲検下独立中央判定によるDFSの有意な改善が示されなかった。
Source: 一般情報
再発リスクが中から高の腎細胞癌の術後補助療法としてニボルマブとイピリムマブの併用はDFSを有意に改善できず

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.