「 投稿者アーカイブ:divafes 」 一覧

遺伝子異常に基づくDLBCLの疾患分類と新たな分子標的治療の可能性

2019/11/12   -未分類

 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は、日本では悪性リンパ腫の中で最も発生頻度が高い病型です。DLBCLは、臨床的、病理学的、分子遺伝学的に、多様な病態を示します。予後不良とされるダブルヒッ ...

自分の知識レベルを客観的に把握できる機会

2019/11/12   -未分類

第2回レジデントチャンピオンシップ(愛称:レジ王)に参加した初期研修医の方に参加したきっかけ、大会の印象、今後に生かしたいこと、などをうかがいました。今日は準優勝チーム「ちぎっちゃだめ」の西澤俊紀先生 ...

やっぱり違う? 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎

2019/11/12   -未分類

 Chapel-Hill分類で大血管炎と分類されている高安動脈炎と巨細胞性動脈炎。最近、同一疾患ではないかと議論されるようになりましたが、病理の視点で見るとどうなのでしょう? Source: 一般情報 ...

難病患者がロボットの「パイロット」になる未来

2019/11/11   -未分類

分身ロボットカフェのプロジェクトを名だたる大企業が支援しているのは、「ハンディキャップを持った人の支援」という理由だけではないと私は考えています。 Source: 一般情報 難病患者がロボットの「パイ ...

麻酔深度は高齢者の術後合併症に影響するか?

2019/11/11   -未分類

 重度の全身疾患がある高齢患者が全身麻酔で手術を受ける場合、麻酔深度は術後合併症のリスクに関係するのか? 観察研究での予想を覆すRCTが報告されました。 Source: 一般情報 麻酔深度は高齢者の術 ...

ゾフルーザ、小児への積極投与を推奨しない理由

2019/11/11   -未分類

ゾフルーザを小児患者に広く使用するにあたって、現時点で懸案事項が2つある――。日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会は、10月に公表した「2019/2020シーズンのインフルエンザ治療指針」の中で ...

「算定要件ありき」の対応になっていませんか?

2019/11/11   -未分類

薬局で遭遇することの多い患者エピソードを通じて、薬剤師が留意すべきポイントを紹介する本コラム。今回は、「そのことは医者に話してあるから!」と口を閉ざしてしまう患者への対応について考えます。 Sourc ...

HR陽性HER2陰性進行乳癌のOSで有用性を示したCDK4/6阻害薬

2019/11/11   -未分類

 ESMO2019で、ホルモン受容体陽性HER2陰性進行乳癌において、CDK4/6阻害薬2剤でOSの延長が得られたことが2件の臨床試験で報告されました。MONARCH 2試験とMONALEESA-3試 ...

術後の早期離床はなぜ必要? どう看護すべき?

2019/11/11   -未分類

早期離床を促すと、どんなメリットがあるのか、改めて勉強し直してみましょう! Source: 一般情報 術後の早期離床はなぜ必要? どう看護すべき?

胸腔ドレーンからウロキナーゼ投与はもう古い?

2019/11/11   -未分類

膿胸に対する繊維素溶解療法では、日本ではウロキナーゼが、海外ではt-PA/DNaseが使われています。両者を比較した論文を紹介します。 Source: 一般情報 胸腔ドレーンからウロキナーゼ投与はもう ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.