「未分類」 一覧

新型コロナワクチンはMIS-C既往の小児でも安全

2023/01/23   -未分類

多系統炎症性症候群(MIS-C)にかかった小児は、COVID-19ワクチンを接種すると異常な免疫反応が再び現れるのではという懸念を払拭するための研究が報告されました。 Source: 一般情報 新型コ ...

感染症診療は五位一体、ラーメン二郎も五位一体

2023/01/23   -未分類

自己流でやっても60%の確率で救命できる患者をそれ以上の確率で救命するには……。先人が確立した感染症診療の5大要素を紹介します。 Source: 一般情報 感染症診療は五位一体、ラーメン二郎も五位一体

「上手に診断するため」の身体診察があります

2023/01/23   -未分類

「上手に診断するため」の身体診察があります。例として、COPDが持病の患者に「爪がおかしくなった」と相談された場面を想定して、上手に診断するためのヒントをまとめていただきました。 Source: 一般 ...

【漫画】マイナ保険証、使ってますか?

2023/01/23   -未分類

皆さんはマイナンバーカードを活用していますか。現在、健康保険証として使える他、将来的には運転免許証や各自治体の図書館で使える図書カードとの一体化など利用範囲が拡大される予定です。しかし、医療現場でマイ ...

頭頸部癌治療の新技術は他領域に応用できるか(安藤亮記者)

2023/01/23   -未分類

今週のPodcast、「編集部から」では頭頸部癌治療について、新型のダビンチ、光免疫療法、BNCTを取り上げました。 Source: 一般情報 頭頸部癌治療の新技術は他領域に応用できるか(安藤亮記者)

切除可能膵菅腺癌でNALIRIFOXによる術前補助療法の疾患コントロール率は85%、R0切除率65.3%【ASCO GI 2023】

2023/01/22   -未分類

 切除可能膵管腺癌(rPDAC)において、術前補助療法としてのNALIRIFOX(ナノリポソーム型イリノテカン+5-FU/ロイコボリン+オキサリプラチン)の疾患コントロール率(DCR)は85%で、その ...

原発巣左側RAS/BRAF野生型進行大腸癌の1次治療でmFOLFOXIRIとの併用はセツキシマブがベバシズマブよりPFSを延長【ASCO GI 2023】

2023/01/22   -未分類

 原発巣左側でRAS/BRAF遺伝子野生型の進行大腸癌患者の1次治療としてmFOLFOXIRI+セツキシマブは、mFOLFOXIRI+ベバシズマブよりも無増悪生存期間(PFS)を延長できる可能性が明ら ...

胃・食道癌ではHER2低発現腫瘍はHER2高発現腫瘍と比較して高い免疫原性【ASCO GI 2023】

2023/01/22   -未分類

 HER2陽性の胃/食道/胃食道接合部(GEJ)癌患者8678例を対象に分子プロファイルと腫瘍免疫微小環境(TIME)を比較した大規模研究で、HER2発現の程度は、IFN-γ免疫遺伝子シグナチャー、T ...

経口TKI fruquintinibとmFOLFOX6/FOLFIRIの併用療法が進行大腸癌の1次治療で有効な可能性【ASCO GI 2023】

2023/01/22   -未分類

 VEGFR-1、2、3を標的とする経口TKI fruquintinibとmFOLFOX6/FOLFIRIの併用療法が、進行大腸癌に対する1次治療として有効な可能性が明らかとなった。中国で行われたフェ ...

RAS野生型進行大腸癌の1次治療でパニツムマブかベバシズマブの選択にctDNAの遺伝子変異の有無が有用な可能性【ASCO GI 2023】

2023/01/22   -未分類

 RAS遺伝子野生型の進行大腸癌の1次治療でパニツムマブかベバシズマブを選択する際に、原発巣の左右の位置に関わらず治療前の循環腫瘍DNA(ctDNA)で複数遺伝子の変異の有無を調べることが有用である可 ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.