コロナ患者360人余の往診から見えてきたもの

投稿日:

在宅医療に特化した診療を展開する医療法人社団悠翔会(理事長・佐々木淳氏)は、東京都医師会と連携し、2021年8月11日から首都圏で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の自宅療養者を対象に往診を展開。9月3日までに360人を超える患者に対応してきた。自宅療養を強いられる患者を救うために日夜奔走する佐々木氏らが、往診の現場で見たものは何か。
Source: 一般情報
コロナ患者360人余の往診から見えてきたもの

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.