ARB・利尿薬配合薬市場の順位に変動なし

投稿日:

・ARB標準量と高用量の2種類があるのは他の薬剤にも言えることだが、降圧目標達成のためにカルシウム拮抗薬との3剤合剤への移行の可能性も考慮すると、比較的使用頻度が高い。(40歳代病院勤務医、循環器内科)
Source: 一般情報
ARB・利尿薬配合薬市場の順位に変動なし

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.