ある内科医はコロナ禍をどう過ごした?

投稿日:

 2020年春から国内でも始まったコロナ禍以降、社会慣習は大きく変わり、社会活動だけでなく医療にも大きく影響が出た。第5波が過ぎ、国民のワクチン接種率が上がっているが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が根絶されたわけではない。第1波からコロナ診療の最前線に立ってきたある内科医に、これまでの経験と今後の展望について語っていただいた。
Source: 一般情報
ある内科医はコロナ禍をどう過ごした?

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.