かかりつけ医が新興感染症から妊婦を守るには

投稿日:

ハイリスク患者の入院調整に課題を残した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第5波。新型コロナウイルス陽性妊婦をフォローし、必要があれば県に対して入院調整のための情報提供も行う「COVID-19対応産科リエゾンシステム」を2021年9月から運用している埼玉県産婦人科医会に、第6波への備えを聞きました。
Source: 一般情報
かかりつけ医が新興感染症から妊婦を守るには

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.