ワクチン包囲網の中で迎える第6波の課題

投稿日:

内閣官房のシミュレーションによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第6波は、年末から立ち上がり2022年1月半ばに新規陽性者数がピークを迎える。感染規模は第5波より小さく重症者数も少ない見込みだ。ただ、前提となるコロナワクチン包囲網には、「穴」や「ほころび」が見えるのも事実。4つの視点で残された課題を追った。
Source: 一般情報
ワクチン包囲網の中で迎える第6波の課題

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.