進行胃癌の1次治療におけるICIの意義と今後の展望

投稿日:

HER2陰性進行胃癌の1次治療として、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブと化学療法の併用療法が登場する。がん研有明病院の山口研成先生、愛知県がんセンターの室 圭先生、大阪大学の佐藤太郎先生に、ニボルマブの1次治療としての意義、実地臨床でどのように使うべきか、そして進行胃癌の今後の展望について討議していただきました。
Source: 一般情報
進行胃癌の1次治療におけるICIの意義と今後の展望

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.