III期の切除不能NSCLCでの逐次化学放射線法後のデュルバルマブ投与は同時併用後投与と同様の安全性で有効性も示唆【ELCC 2022】

投稿日:

 III期の切除不能非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、化学療法と放射線療法の逐次併用後に抗PD-L1抗体デュルバルマブを投与することは、PACIFIC試験で行われた化学療法と放射線療法の同時併用後にデュルバルマブを投与する場合と同様の安全性プロファイルが認められることが明らかとなった。また、フレイルや高齢患者など同時化学放射線療法ができない患者においても有望な予備的な効果が認められた。フェーズ2試験であるPACIFIC-6試験の結果示された。
Source: 一般情報
III期の切除不能NSCLCでの逐次化学放射線法後のデュルバルマブ投与は同時併用後投与と同様の安全性で有効性も示唆【ELCC 2022】

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.