未分類

院外心停止を起こした場所で成績が異なる

投稿日:

 心停止を起こした高齢者のデータが報告されました。予想できるとおり、公共の場で、目撃者がいて、AEDが利用でき、最初の波形が心室細動や無脈性心室頻拍だった場合、1カ月後に良好な状態で生存している可能性が高かったそうです。
Source: 一般情報
院外心停止を起こした場所で成績が異なる

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.