未分類

透析が必要というだけで終末期なのではない

投稿日:

 疾患の終末期や救急や集中治療で予後が厳しい患者の診療方針の決定に参考になる提言やガイドラインの発表が相次いでいます。最も早く登場したのが2006年の日本集中治療医学会の「集中治療における重症患者の末期医療のあり方についての勧告」で、その後、厚生労働省や他の学会も相次いで発表しています。こうした提言を実際の診療現場でどう応用したらよいのでしょうか。
Source: 一般情報
透析が必要というだけで終末期なのではない

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.