未分類

ADHF患者のNa排泄量は6カ月後死亡率と関連

投稿日:

 ループ利尿薬療法を受けている急性非代償性心不全(ADHF)患者の予後の予測には、現在使用されている体液バランスや体重減少量などの指標よりも尿中ナトリウム(Na)排泄量の方が有用となる可能性があることがROSE-AHF試験の事後解析により示された。JACC: Heart Failure誌5月号に掲載された。
Source: 一般情報
ADHF患者のNa排泄量は6カ月後死亡率と関連

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.