未分類

医療区分3患者の過半数が中心静脈栄養を受ける

投稿日:

 中央社会保険医療協議会の診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」(会長:九州大学名誉教授の尾形裕也氏)が7月3日に開かれ、療養病棟入院基本料や入退院支援について議論した。療養病棟入院基本料に関しては、患者の医療区分の分布や在宅復帰機能強化加算の算定状況などのデータが示された。2018年度診療報酬改定では、療養病棟入院基本料の看護配置が「20対1以上」に一本化された(関連記事:【慢性期】療養病棟入院基本料は看護配置20対1に一本化)。医療区分2・3の該当患者割合については、療養病棟入院料1は「8割以上」、入院料2は「5割以上」が要件化。
Source: 一般情報
医療区分3患者の過半数が中心静脈栄養を受ける

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.