未分類

進行大腸癌へのレゴラフェニブ投与は1サイクル目の投与量の工夫で副作用軽減の可能性【WCGC2019】

投稿日:

 進行大腸癌に対してレゴラフェニブを投与する場合に、1サイクル目の投与量を工夫することで副作用を軽減できる可能性が明らかとなった。スペイン、イタリア、フランスで行われたフェーズ2試験であるREARRANGE試験の結果、目標とした数値は達成できなかったものの、投与量を工夫すると生存期間の延長効果を維持したまま、複数の副作用発現率を下げられることが示された。
Source: 一般情報
進行大腸癌へのレゴラフェニブ投与は1サイクル目の投与量の工夫で副作用軽減の可能性【WCGC2019】

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.