未分類

コールドポリペクトミーは抗凝固療法中も安全

投稿日:

 大阪国際がんセンターの竹内洋司氏らは、抗凝固薬の投与を継続しつつコールドポリペクトミー(CSP)を行う場合(CA+CSP)と、周術期のヘパリンブリッジ(HB)と従来のホットスネアポリペクトミーを適用した場合(HB+HSP)の、出血リスクを比較するランダム化比較試験(RCT)を行い、1cm未満の大腸ポリープ切除ではCA+CSP法で出血リスクを増やさずに、HB+HSP法よりも手術時間と入院期間を短縮できたと報告した。結果はAnn Intern Med誌2019年7月16日号に掲載された。
Source: 一般情報
コールドポリペクトミーは抗凝固療法中も安全

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.