未分類

再発・難治性の多発性骨髄腫へのKdD療法はKd療法よりも有意にPFSを延長

投稿日:

 米Amgen社は9月13日、再発・難治性多発性骨髄腫に対する、プロテアソーム阻害薬カルフィルゾミブ、デキサメタゾン、抗CD38抗体ダラツムマブの併用療法(KdD療法)は、カルフィルゾミブとデキサメタゾンの併用療法(Kd療法)と比べて有意に無増悪生存期間(PFS)を延長できることが明らかになったと発表した。両者を比較したフェーズ3試験であるCANDOR試験で、主要評価項目であるPFSについて有意な延長が認められた。
Source: 一般情報
再発・難治性の多発性骨髄腫へのKdD療法はKd療法よりも有意にPFSを延長

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.