日本小児整形外科学会

第17回東海小児整形外科研修会

投稿日:

概要プログラム

共催 東海小児整形外科懇話会
大正富山医薬品株式会社

後援 日本小児整形外科学会

概要

日時 令和元年12月15日(日曜日) 午前10時から
場所 大正製薬中日本支店8階ホール
名古屋市千種区2丁目17番18号
Tel:052-733-8112
参加費 会員  2,000円
非会員 4,000円
(教育研修講演申請は別途1単位1000円)

プログラム

10:00~ 座長:名古屋大学 整形外科 講師 三島 健一先生
1 小児科医も治療可能な小児整形外科関連疾患―くる病を中心にー
【[1] 整形外科基礎科学、[4] 代謝性骨疾患】
あいち小児保健医療総合センター 内分泌代謝科 医長 濱島 崇先生
11:15~ 2 小児の脊柱変形
【[3] 小児整形外科疾患、[7] 脊椎・脊髄疾患、SS(脊椎脊髄病医)】
浜松医科大学 整形外科 助教 坂野 友啓先生
12:15~ 昼食休憩
 13:15~ 座長:名古屋市立大学 整形外科 講師 若林 健二郎先生
3 小児膝関節障害について
【[2] 外傷性疾患、[12] 膝・足関節・足疾患、s(スポーツ認定医)】
愛知医科大学 整形外科 教授 出家 正隆先生
 14:30~ 4 脳性麻痺の診断と治療
【[8] 神経・筋疾患、[13] リハビリテーション、Re(運動器リハビリテーション医)】
岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター 所長 徳山 剛先生
15:45~ 座長:あいち小児保健医療総合センター 副センター長 鬼頭 浩史先生
5 特別講演 発育性股関節形成不全(DDH)の診療:an update
【[3] 小児整形外科疾患、[11] 骨盤・股関節疾患】
東京慈恵医大附属第三病院 整形外科 教授・診療部長 大谷 卓也先生
16:45 終了

注1)講演1〜5は日整会専門医資格継続単位が取得できます
注2)講演1は脊椎脊髄病医資格継続単位が取得できます
注3)講演3はスポーツ認定医資格継続単位が取得できます
注4)講演4は運動器リハビリテーション医資格継続単位が取得できます
*単位を取得される講演毎に受講料として1,000円を申し受けます
*日整会単位は最大5単位まで取得できます
※日整会教育研修会単位取得のデジタル化に伴い、会員カードでの受講管理を行います
単位を希望される先生は【日整会会員カード】をご持参くださいますよう、ご協力お願い致します

ご不明な点は東海小児整形外科懇話会事務局までご連絡下さい
事務局 名古屋大学大学院医学系研究科整形外科学教室内

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL 052-741- 2111  FAX 052-744- 2260
E-mail: hkitoh@med.nagoya-u.ac.jp

【会場案内図】

大正製薬中日本支店8階ホール
名古屋市千種区2丁目17番18号

Source: 日本小児整形外科学会
第17回東海小児整形外科研修会

-日本小児整形外科学会

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.