未分類

TNBCの術前化学療法へのペムブロリズマブの追加は悪性度が高い患者でpCR率の増加が高い可能性【SABCS2019】

投稿日:

 早期のトリプルネガティブ乳癌(TNBC)に対する、プラチナ製剤を含む術前化学療法へのペムブロリズマブの追加は、より悪性度が高い患者でpCRの増加が多く得られる可能性が明らかとなった。術前化学療法にペムブロリズマブを追加することがプラセボと比べて病理学的完全奏効(pCR)率を有意に上昇させることを示したフェーズ3試験であるKEYNOTE-522試験の、中間解析のさらに詳細な結果で示されたもの。12月10日から14日まで米国サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2019)で、英Barts Cancer Institute、Queen Mary University LondonのPeter Schmid氏が発表した。
Source: 一般情報
TNBCの術前化学療法へのペムブロリズマブの追加は悪性度が高い患者でpCR率の増加が高い可能性【SABCS2019】

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.