未分類

救急外来における鎮痛薬使用の実際

投稿日:

 救急外来では、「痛みはあまり取らない方がよい」と教わった人は多いのではないだろうか。疼痛に対して、診断前に鎮痛薬を用いると、正確な身体所見が取れず、診断能が低下するという考え方であろう。しかし、最近の検討では、早期に鎮痛薬を使用することのデメリットはないと考えられている。むしろ、痛みによる不穏、せん妄で検査が進まず、正確な診断が困難となることが多い。
Source: 一般情報
救急外来における鎮痛薬使用の実際

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.