未分類

国立がん研究センターなどが日本人肺腺癌の新規治療標的候補を同定

投稿日:

 国立がん研究センター、順天堂大学、日本医療研究開発機構は、2月26日、国立がん研究センター研究所細胞情報学の主任研究員の高阪真路氏、分野長の間野博行氏、順天堂大学人体病理病態学講座准教授の林大久生氏、同大呼吸器外科学講座の准教授の高持一矢氏らの研究グループが、日本人の軽喫煙者・非喫煙者の肺腺癌の遺伝子異常について解析した結果、ドライバー遺伝子陰性肺腺癌の約7割で治療の標的となり得る遺伝子変異が存在すること、新たな癌遺伝子としてNRG2融合遺伝子を同定したと発表した。さらに、手術後再発のリスクの予測に重要な3種類の遺伝子を同定できたとしている。
Source: 一般情報
国立がん研究センターなどが日本人肺腺癌の新規治療標的候補を同定

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.