未分類

トリプルネガティブ乳癌の1次治療でパクリタキセルとipatasertibの併用はOSを延長できる可能性【ESMO Breast2020】

投稿日:

 転移を有するトリプルネガティブ乳癌(mTNBC)の1次治療として、パクリタキセルに加えて経口AKT阻害薬ipatasertibを投与することで、全生存期間(OS)を延長できる可能性が明らかとなった。二重盲検プラセボ対照フェーズ2試験であるLOTUS試験の最終解析で、パクリタキセルとipatasertibを併用した群のOS中央値が、パクリタキセルとプラセボを投与した群よりも良好な数字を示した。
Source: 一般情報
トリプルネガティブ乳癌の1次治療でパクリタキセルとipatasertibの併用はOSを延長できる可能性【ESMO Breast2020】

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.