未分類

薬剤師は患者にとって最後のとりで

投稿日:

薬剤師のみどりに心を開いた入院患者の古賀治朗(67歳)。入院前から動悸やめまい、手の震えがあることを明かした。かつては愛煙家だったが、最近はタバコを吸っていないという。このエピソードにピンときたみどりは、医師に血液検査を再度依頼。その結果――。
Source: 一般情報
薬剤師は患者にとって最後のとりで

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.