残存・再発子宮頸癌の1次治療で化学療法±ベバシズマブにペムブロリズマブの追加でOSとPFSが有意に延長

投稿日:

 米Merck社は6月22日、残存、再発または転移を有する子宮頸癌に対する1次治療として、白金系抗癌薬ベースの化学療法(パクリタキセル+シスプラチンまたはパクリタキセル+カルボプラチン)±ベバシズマブに抗PD-1抗体ペムブロリズマブを加えて投与すると、ペムブロリズマブを投与しなかった場合よりも全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できることが分かったと発表した。
Source: 一般情報
残存・再発子宮頸癌の1次治療で化学療法±ベバシズマブにペムブロリズマブの追加でOSとPFSが有意に延長

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.