「 投稿者アーカイブ:divafes 」 一覧

子宮頸癌で腹腔鏡手術は開腹術に劣る可能性

2018/11/19   -未分類

 子宮頸癌の手術成績で、研究者も驚く予想外の結果が出ました。子宮全摘手術を行う場合、腹腔鏡やロボットで低侵襲手術を行っても、開腹手術に成績が劣らないことを証明しようとしたら、生存率が有意に低いという結 ...

リウマトレックス、20年目の適応拡大に思う

2018/11/19   -未分類

リウマトレックスを尋常性乾癬など4疾患の治療に用いる公知申請が、認められました。関節リウマチと同様に、薬剤師の役割が期待されます。 Source: 一般情報 リウマトレックス、20年目の適応拡大に思う

薬剤師の仕事はロボットでもできるのか

2018/11/19   -未分類

今の薬剤師の仕事は、ロボティクスで解決可能なものといえるのでしょうか。 Source: 一般情報 薬剤師の仕事はロボットでもできるのか

読書の旅にも渡航医学の知識をフル活用!

2018/11/19   -未分類

毎日時間があれば読書しているという、カナダの薬剤師の佐藤氏。今回は、書籍に登場した渡航医学の話題をつづります。 Source: 一般情報 読書の旅にも渡航医学の知識をフル活用!

インフルエンザ、流行ウイルスはA/H1N1pdmが先行

2018/11/19   -未分類

 2018/19シーズンのインフルエンザは、A/H1N1pdm09が季節化した2011年以降で3番目に速い流行の立ち上がりを見せている。また、現時点での流行ウイルスは、国立感染症研究所の病原微生物検出 ...

研修医の開花の瞬間

2018/11/19   -未分類

春に来た研修医、森田先生はまじめでおとなしい先生。半年後…… Source: 一般情報 研修医の開花の瞬間

緩和ケアは完全な終末期に行うものではない

2018/11/19   -未分類

今回は「緩和ケアの介入時期」について議論しています。共通認識として「緩和ケアは終末期に行うものではない」ことが確認されました。また、緩和ケアという言葉に拒否反応があることも話題に上りました。 Sour ...

急性弛緩性麻痺が108例に、15年多発時に迫る

2018/11/19   -未分類

11月に入ってからも、急性弛緩性麻痺(acute flaccid paralysis:AFP)を呈する症例の増加が続いています。国立感染研究所が集約している感染症発生動向調査(週報)の速報値によります ...

副腎

2018/11/19   -未分類

「症例に学ぶ腹部エコー診断のポイント」を全面改訂、内容を一新し、2008年に発売した日経メディカル・ビデオ「腹部エコー診療の実際」から会員限定で収録動画を公開します。 Source: 一般情報 副腎

選択的CDK7阻害薬SY-1365が進行固形癌に有用な可能性【EORTC-NCI-AACR2018】

2018/11/17   -未分類

 進行固形癌に対して、選択的CDK7阻害薬SY-1365が有用な可能性が明らかとなった。フェーズ1試験の結果、忍容性が認められ、一部の患者で抗腫瘍効果が認められた。11月13日から16日までアイルラン ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.