未分類

患者を突き放す言葉「そんなに痛いわけない!」

投稿日:

 高校時代に潰瘍性大腸炎を患い、食事制限や病気自体のコントロールの難しさから居場所を失い、自暴自棄な毎日を送るようになってしまった石井洋介氏。「人は生物学的な側面と社会心理学的な側面の両輪で動いているので、どちらかが0点になると共倒れになってしまいます。生物学的なことだけ考えれば、ストイックに食事制限をした方がいいけれど、僕の場合、それによって友人関係や社会とのつながりを失い、社会心理学的なスコアがすごく下がって生きる気力自体がなくなってしまいました」――。その後大出血を起こし、緊急手術で救われたことから医師を志した石井氏は、患者経験から何を思い、医師として患者にどう接しているのでしょうか。
Source: 一般情報
患者を突き放す言葉「そんなに痛いわけない!」

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.