未分類

PARP阻害薬3剤時代の卵巣癌治療はどう変わるか?

投稿日:

進行卵巣癌の治療が大きな転換期を迎えています。ESMO2019で、PARP阻害薬3剤を検討した第III相試験から、いずれも無増悪生存期間のポジティブな結果が発表されました。今後日本でも進行卵巣癌の1次治療と維持療法に、これらのPARP阻害薬が使用されることになるとみられています。ただし、試験の患者背景が異なることから3剤の比較は難しく、どのように使い分けていくかについては今後の検討課題です。埼玉医科大学国際医療センター包括的がんセンター長・婦人科腫瘍科教授の藤原恵一氏に、これらの試験の意義、臨床に与える影響などについて解説していただきました。
Source: 一般情報
PARP阻害薬3剤時代の卵巣癌治療はどう変わるか?

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.